Back to top

Let's talk about Graphic Facilitation and our future!

【Full, thank you! 】
Let's talk about Graphic Facilitation and our future!

パリからファシリテーショングラフィックをお仕事にしているファシリテーターのMarieが京都にきます♪

Facilitator Marie, who is working in Graphic Facilitation in Paris is coming to Kyoto ♪

でむが2017年9月8日に参加してきた
フランスのパリで初めて開催されたFGday*で出会ったMarieが日本にきます。日本が大好きで、これまでに何回も日本を訪れていて、エネルギッシュでチャーミングな彼女と一緒に、せっかくなので、グラフィックに関心あるみなさんとゆるゆるわいわいできたらなーと思い、企画させていただくことにしました。

フランス語や英語が話せなくても大丈夫です。グラフィックで国をこえてコミュニケーションをとれる。そんな体験も、一緒にできたらな〜と考えています^^

I have participated on September 8, 2017 in FG Day in Paris.
Marie, I met in FGday * which was held for the first time in Paris, France, will come to Japan. She loves Japan, she has been visiting Japan many times so far and speaks a little Japanese. I am lucky to have met this energetic and charming woman, so I think that I am planning to have a meeting with her and all people interested in graphics.

You do not need to speak French or English. Graphic facilitation is a common language, it helps people from various countries to communicate with each other . It can be communicated across the countries. I think that such experiences can be together ^ ^

*『FGday in France』とは?
フランス中から約70名のファシリテーショングラフィック実践者が集まり、フランスの未来、世界の未来について話しました。 
OST(オープンスペーステクノロジー)形式の大会だったので、かなりフランクにフランス中のグラフィッカーと対話することができました。ファシリテーターや、コンサルタント、システムエンジニアなどの人々が、フランスでも日本にとても近い課題の解決方法としてグラフィックファシリテーションを活用していました。 

◆◇◆◇◆
でむ、たまたま昨年フランスに行く機会があり、そのときにMarieがFGdayのことを教えてくださり、参加することができました。フランス語は話せません。フランス語の通訳をお願いしようにもそんなお金もなく、参加する前日まで行こうか行くまいか、お腹が痛くなるまで悩んでの参加でした。
そんな心配はどこへやら。当日は会場にいるグラフィックファシリテーターのみなさんが、1人、また1人と隣に座ってくださり、英語に訳してくださりました。人や場に寄り添い、よりよい未来をつくりたいと願う人たちは国境を越えて繋がる。共通するエネルギーと、グラフィックを通じてなり立つ場があることに、可能性を感じました。
◆◇◆◇◆

海外のグラフィックに触れて日本独特の文化についても改めて気づいたり。Marieと一緒にグラフィックファシリテーションや未来について話しませんか^^?

Seeing about culture in overseas, you can notice about Japanese culture. Let's talk about Graphic Facilitation and our future with Marie!

---
◯DATE
2018年3月25日(日)19:30 - 21:30頃 
March 25, 2018 (Sunday) 19:30 - 21:30

◯PLACE
おもちゃ映画ミュージアム
京都府京都市中京区壬生馬場町29-1
→詳しい道順はこちら
http://toyfilm-museum.jp/concept/

JR・地下鉄二条駅 徒歩8分
阪急大宮駅東改札口出口1番 徒歩約7分。
嵐電四条大宮駅 徒歩約7分
最寄りのバス停 みぶ操車場前

The Toy Film Museum
29-1 mibubanbachou, tyukyo-ku, kyoto-shi, kyoto
JR · subway Nijo Station 

◯CONTENTS
描いたり、描かなかったり、見たり、話したり・・・

初めての試みですが、パリでのMarieの仕事の話や、ゆるゆるとフランスと日本のグラフィックファシリテーションについて一緒に対話する時間をとりたいと思います^

You can draw, do not draw, watch, talk ...
I would like we have time to talk to each other about Graphic facilitation in France and Japan. Exchanging about how Graphic Facilitation is used in our both countries, … may be of interest for all of us.
We like too to make an experiment, which is to draw and build together (for those willing) a collective wall, mixing our ideas and styles. That will be a first, and we guess it will be stimulating and enriching for everyone.

◯PEOPLE
15名 *先着順
15 people

◯FEE お菓子をご用意しています
1500円 *学生 500円
1500 yen 

◯GUEST
Marie Caron
ファシリテーション/ファシリテーションビジュアリー/フォーメーション

ビジュアルファシリテーション技術(グラフィックファシリテーション、図解絵、マインドマップ)をつかったコンサルタントファシリテーターであり、ビジュアルファシリテーターです。 ビジュアルツールとクリエイティブなツールを使用して、チームビルディングやチームワークを生かすことを通じて組織開発に携わっています。また、さまざまな形式のワーキングミーティング、創造的なワークショップ、会議からライブグラフィックのレコーディングを行っています。 その他に、マネジメントチェンジ、イノベーション、アイデア創出、ビジュアル言語のトレーナーでもあります。関わり方としては、視覚的、共同作業(Collective Intelligence)に基づいて、とても実践的かつ実用的で具体的なアプローチをしています。

Facilitation/Facilitation visuelle/Formation
http://mariecaron2.wixsite.com/mariecaron

Consultant in facilitation and in visual facilitation, specialist of visual facilitation tools (schematic drawings, mind maps, graphic facilitation). She contributes to make more effective group or team work and to mobilize them by using visual tools and creativity tools.
She is doing live graphic recodings from working meetings, creative workshops and conferences on various formats. She is also trainer in change management, creativity, innovation and in visual language.
Her modes of intervention are practical, concrete, based on the visual approaches and on Collaborative work ( Collective Intelligence).

◯HOST
鈴木 さよ (でむ)
グラフィックファシリテーション協会認定プロフェッショナル
IFVP (Intertational Forum of Visual Practitionars) member

北海道大学大学院環境科学院 修了。疑問に思ったことは自分の目で見て感じて確かめたい、と17歳でイギリスに1年間滞在、メーカー、大学勤務の中で、グラフィックファシリテーションと出会い、そのパワフルさに魅了される。2年間で200近くの現場を重ね、グラファシを活用したプログラム設計から行う。対話の場、まちづくり、発達凸凹への活用を中心として活動している。

Sayo SUZUKI (Demu)
IFVP (Intertational Forum of Visual Practitionars) member
Proffetional of GraphicFacilitator

I want to see what I wondered by seeing it with my own eyes, staying in the UK for 17 years at age one year, and then get on board the Arctic Ocean research vessel twice. Working at the maker Working as a change member After working as a project member, encountering graphic facilitation in college work, it is fascinated. Currently, we are exploring how to utilize it as a place of organization development and dialogue centering on utilization for development unevenness (developmental disorder). Master of Science in Global and Environmental Studies Hokkaido University, Japan

Event Date and Time: 
Sunday, March 25, 2018 - 7:30pm
Organizer: 
Event Location: 
604-8055
Kyoto
Kyoto-shi
京都府京都市中京区壬生馬場町29-1
Japan
Event Type: 
Work shop